■目的
 Photoshop EL7に替えてEL15を使います。
 高DPI対応になり4Kディスプレイでもメニュ文字など普通サイズです。
   
■購入
 ユーザ登録済なのでログインしてダウンロード版を購入します。
 画面の指示に従って購入するとシリアル#入手/ダウンロード/インストールが可能です。
 インストールが終わったら再起動してPhotoshop EL15を起動できます。
 スタートアップで「起動時に常に起動=写真の編集」でスタートアップ画面をスキップです。
 もとに戻すには[ヘルプ] [スタートアップスクリーン]で再表示して設定を変更します。
startup
■編集
 編集画面ではクイックモードが追加されていますが「エキスパート」がEL7相当画面です。
edit screen
機能
内容
備考
ガイド付き編集
ガイド付きで編集可能です。

顔のパーツを調整
しかめ面を笑顔に変えたり、様々な調整ができます。

遠近法の切り抜きツール
トリミング中に画像の遠近法を変更できます。

レイヤーのグループ化
レイヤーをグループ化できます。

Retina対応
高解像度のWindows/Mac PCのディスプレーに対応
El13~
 Photoshop Elements 15のページはこちら
 
■画質調整
 新しい機能で注目は画質調整のメニューの「シャドウ・ハイライト」です。
 シャドウを明るくしてハイライトを暗くする機能ですがDRC相当の処理と思われます。
 DRCは人の網膜に近い処理になるのでスキー場などで暗くなった写真の修整には最適です。
 *DRC= Dynamic Range Compression
drc
■結果
 El7を使い続けて、今回EL15への変更でRetina に対応しました。
 機能など多少の進化は見て取れます。

  blog      MovableType