■目的
100MHz LAN環境からGigabit LAN環境へ移行の報告です。
もちろんGigabit LANの環境では10M/100M LANの機器も混在使用が可能です。

■Gigabit対応機器
hubを100MHzのSwitchからGigabit Swithへ変更するのみで、ルータなどの変更は必要ありません。
PCのLAN Adapterは順次Gigabit対応に変更します。

Switch:Corega CG-SW08GTV2B(8port) @8,420yen
LANボード:Corega CG-LAPCIGT2 @1,780yen
LANケーブル:移行したPCのケーブルはGigabit対応のUTPケーブルに変更します。Switchの指定は1000Base-Tのばあいカテゴリ5eあるいはカテゴリ6以上です。
 
■Network構成例
 今回はパソコン1とパソコン2間のデータ転送にGigabitを使用します。
 ほかの機器は従来どおりの100MHzのLANです。
 
■PCの設定
(1)Gigabit対応LANボードを取り付けdriverをインストールしたら従来のLANアダプタを無効にします。
(2)IPアドレスなど従来のLANアダプタの設定値をGigabitアダプタに設定します。
  *DHCPを利用している場合は何もすることはありません。
 
■結果
 30分ほどで移行は完了です。
 100M LANとの転送速度の比較などは別途報告予定でいます。

  blog      MovableType