■目的
 使用中のメディアサーバm745のCPUはPentiun M745(1.8GHz)です。
 静音化のためCPUをFanレスにします。

■CPUとMotherboard
 Pentium M745 (Dothan: Socket 479)
 速度: 1.8GHz /400MHz /L2 キャッシュ: 2MB
 熱設計電力: 21W
 VID: 1.276-1.340V
 Tjunction: 100℃
 package: μFC-BGA479
  M745 の詳細はこちら
Nother Aopen i855GM Em-LFS
 CPU 取り付け台座はそのまま Socket 478用を使用。
 
■ヒートシンクと取り付け
ヒートシンク
 モデル: 90EX70 x80-M ThCI サーマルコンポーネント
 サイズ: 70W80D90H mm
 
取付
 使用中のクーラーをはずします。
 銅版をはさんでヒートシンクを固定金具で台座に固定します。
 
 *ヒートシンク上面より
■BIOS設定変更
 CPUファンをはずすとBIOSでファンの回転数ゼロを検出して警告音を鳴らします。
 警告音を消すために以下の例のように設定変更します。
  FanMode=SmartControll (full Speedから変更です)
  CPU Fan Smart Temp=Disabled
 
■結果
 ヒートシンク取付説明書がないので取り付け方法を考えつくまでは頭の体操でした。
 ケースファンのほうがレベルが高いようで、ファンレスにしても全体の騒音レベルはさほど変化がないようです。
 CPU温度はファンレスのほうがやや低めの39℃です。
 低消費電力などで環境的な余裕が残されているので次回ケースファンの静音化予定です。
 

  blog      MovableType