■目的
 WindowsXP同等のDesktop環境をFedora7で構築中です。
 第8回目はAudioCDをMP3フォーマットで取り込みます。

■環境条件
 PC:ThinkPad X60
 Linux:Fedora7
 DVD Drive:IOデータ DVRP-UN8AS ..USB接続
 rippingソフト:Sound Juicer

■MP3 Plug-inのインストール
 livnaレポジトリを利用してgstreamer-plugins-uglyをインストールしてplug-inを入手します。
  plug-inのインストール方法はこちらを参考にできます。

■Sound Juicerと設定
 Fedora7にはAudioCD取り込みにSounJuicerがサポートされています。
 [編集][設定]でドライブ、出力先、出力フォーマット(MP3)など設定します。
 
■CDリッピング
 [取り込む]でリッピングを開始します。
 
 以下が取り込まれたファイルです。
 
■MP3の再生
 Fedora7は標準でRhythmbox音楽Playerをサポートしています。
 plug-inがインストールされていればMP3の再生が可能です。
 
■結果
 CDをドライブに挿入して[取り込む]をクリックするだけで取り込みを開始します。
 標準サポートのRhythmboxで再生可能ですがMPlayerでも可能なことを確認しました。
 Win側で作成のファイルをRhythmboxに登録するとタグ情報文字化けが見えますがFedora側で取り込めばOKです。

  blog      MovableType