■目的
 WindowsXP同等のDesktop環境をFedora7で構築中です。
 第12回目はファイルの圧縮解凍が可能な書庫マネージャFile Rollerを設定します。

■環境条件
 PC:ThinkPad X60
 Linux:Fedora7
 書庫マネージャソフト:File Roller

■File Roller
 Windowsと同様の圧縮・展開の機能を持つ書庫マネージャソフトです。
 ファイルブラウザから直接ファイルやディレクトリをドラッグ&ドロップして書庫に入れられます。
 書庫は圧縮して保存が可能です。
 圧縮された書庫ファイルは解凍して展開することが可能です。

■lzhのサポート
 Fedora7のFile Rollerでは国内で多く使用されているlzhはサポートされていません。
 lzh用のrpmパッケージをVineのサイトからダウンロードしてインストールします。
  http://ring.asahi-net.or.jp/pub/linux/Vine/Vine-4.0/i386/Vine/RPMS/lha-1.14i-0vl9.i386.rpm
 # rpm -ivh lha-1.14i-0vl9.i386.rpm
■起動
 [アプリケーション][アクセサリ][書庫マネージャ]で起動します

■書庫作成
 (1)書庫に登録
 
 (2)保存設定..圧縮フォーマットなどを指定します。
 
 (3)保存結果..zip
 
■結果
 通常使用する圧縮フォーマットのlzh用のrpmはFedoraのサイトには準備されていないようです。
 Vine Linux用をダウンロードしてインストールの結果OKでした。
 Windowsの書庫マネージャと同じ感覚で圧縮、解凍が可能です。

  blog      MovableType