■目的
 WindowsXPでカスタマイズしたDesktop環境を可能な限りFedora7で構築してみました。
 フォント追加機能を含めて18種のソフトや機能を確認した結果をまとめて報告します。

■Fedora7
 Redhatの先行開発リリース版がFedoraで、最新版は7になります。
  Fedora7のサイトはこちら

■環境条件
 PC:ThinkPad X60
 Linux:Fedora7

■Desktopソフトウェア
 Fedora7で18種の機能やディスクトップソフトウェアを確認した結果です。
ソフト Fedora 7 Windows
Office Open Office
 フリーでMs Office同等の機能をサポート
 Ms Officeとの相互互換性は完全ではない。
 pdf 変換で配布互換をサポート
Ms Office Pro
Font Windows用Fontの追加が可能 <-
メモ帳 gEdit
 違和感なく使用可能
Note Pad
圧縮解凍 FileRoller
 zip, tarなどをフリーでサポート
 lzhはパッケージをインストールすると可
Explzh
Web ブラウザ Firefox
 Windows バージョンと同内容
IE /Firefox
メール Evolution /Thunder-bird
 Windowsと同等
 Thunderbirdは要インストール
Outlook /Thunder-bird
Graphic Gimp
 フリーで Photoshop に匹敵の機能をサポート
 ほぼ Photoshop の延長として使用可能
Photoshop
ビデオ/サウンド
再生
Totem: MPEG2 /MP3 再生可能
MPlayer; DVD-Videoの再生可能
 * MPEG2 /MP3パッケージインストールが必要
 * Mplayer は要インストール
Media Player
サウンド
取込
Sound Juicer: MP3 変換可能
 *MP3 パッケージインストールが必要
Media Player
CD /DVD 書込み Nautilus
 Data 用CD/DVDを作成可能
B's Recorder Gold
ファイルマネージャ Nautilus
 違和感なく使用可能
 Win ファイル共有が可能 クライアント機能
エクスプローラ
pdf 作成 Open Office /印刷機能
 フリーで pdf変換が可能
Adobe Acrobat
pdfリーダ Adobe Reader Adobe Reader
プリンタ CUPS
 Canon Driverで MP600をサポート
 CDダイレクトプリントは未サポート
 libxmlインストール要
Controll Panel: プリンタと FAX
html 編集 Kompozer
 フリーでhp Builder類似の編集が可能
 要インストール
Home Page Builder
FTP クライアント gftp
 要インストールだが違和感なく使用が可能
NextFTP
ntfs アクセス ntfs-3g
 Dual BootでWin パーティションを共有可
-
■結果
 フォント追加を含めて確認した18項目の機能およびソフトウェアは全て動作するのを確認しました。
 全体的に見ればWinと同じ機能のソフトがほとんどLinuxでもサポートされていることがわかります。
 高価な市販ソフトを必要とするOffice文書作成、pdf作成、グラフィック編集などはlinuxだと無償になります。
 インストールが必要なソフトでもPirutを使用できればGUIでのインストールが可能です。
 今回のように一部機能を追加すればDesktop Linuxはもはや使ってみてもいいレベルにあると思われます。

  blog      MovableType