■目的
独立行政法人「情報処理推進機構(IPA)」が提供しているLinux向けフォントのfedora7でのインストール報告です。

■IPA
 日本でのIT戦略を技術、人材の面から支援するために設立された独立行政法人。
 オープンソースソフトウェアの活用を広げるための事業の一環で2007年10月1日より「IPAフォント」の配布を開始しました。
  オープンソースソフトウェアセンタのサイトはこちら
  IPAフォントのダウンロードはこちらから

■環境条件
 今回のインストール環境です。
 PC:ThinkPad X60
 Linux:Fedora7

■インストール
(1)ダウンロードと解凍
 ダウンロードしたファイルをFileRollerで解凍して、今回はFedora7で以下のフォルダを作成して展開します。
 /usr/share/fonts/japanese/ipa
 

(2)xfsサーバ設定ファイル
 以下の設定ファイルに新しいディレクトリを登録します。
 /etc/X11/fs/config
catalog=/user/share/X11/fonts/misc:unscaled,
 /user/share/X11/fonts/75dpi:unscaled,
 /user/share/X11/fonts/100dpi:unscaled,
 /user/share/X11/fonts/Type1,
 /user/share/X11/fonts/TTF,
 /user/share/fonts/default/type1,
 /user/share/fonts/japanese/ipa,
 これでIPAフォントが使用可能になります。
 
■結果
 以下ようにFedora7にてIPAフォントを使用可能にしました。
 

  blog      MovableType