■目的
 サーバ設置場所まで行って電源ONする手間を省くため、LAN経由で電源ONできるようにします。
 リモートディスクトップと合わせて手元のPCから録画予約がLAN経由で可能になります。

■WOL..Wake on LAN
 WOLはネットワークを経由してPCの電源を投入するための機能です。
 WOLに対応する条件は以下です。
 ・電源/Motherboard/OSがACPI2.0仕様に対応
 ・PCIバスからの電源投入のためのPCI2.2仕様にチップセットやPCIバスが対応している
 ・ネットワークアダプタがMagic Packetを解釈できる

■ACPIパワーステート
 ACPIの状態には電源ONのS0から完全電源OFFのS5までありS1/S2がスリープ、S3がスタンバイ、S4が休止状態です。
 Windows2000/XP/Server2003はWOLでS1~S4状態からS0への移行をサポートします。
 Intel製のネットワークアダプタなどはS5からS0への移行をサポートするものもあります。

■環境条件
 WOLに関する今回の環境条件は以下になります。
 OS:WindowsXP Pro SP2
 Mother:Aopen i855GME
 Bios:Award ..Wake On Lan対応
 LAN:Dual Marvell Gigabit PCI LAN
 電源:Antec ATX 430W

■BIOSの設定
 ターゲットとなるメディアサーバのBIOSでWake On PCI Cardの設定をEnabledにします。
 Power Management Setup
  Wake On PCI Card=Disabled -> Enabled
 

■LANアダプタの設定
 メディアサーバ側のLANアダプタでMagic PacketによるWake On LANを有効にします。
 [プログラム][管理ツール][コンピュータの管理][デバイスマネージャ][ネットワークアダプタ]
 [Marvell Yukon Gigabit Ethernet..][プロパティ][詳細設定]で
 WakeUpCapability=MagicPacket
 
■LANアダプタ情報の確認
ターゲットとなるメディアサーバLANアダプタのIPアドレスとMacアドレスをあらかじめコマンドで確認しておきます。
 C:\>ipconfig /all
 ..省略..
 Description . . . . . . . . . . . : Marvell Yukon Gigabit Ethernet 10/100/1000Base-T Adapter, Copper RJ-45
 Physical Address. . . . . . . . . : xx-xx-xx-xx-xx-xx     Macアドレス
 Dhcp Enabled. . . . . . . . . . . : No
 IP Address. . . . . . . . . . . . : 192.168.xxx.xxx
 ..省略..
■WakeOnLanToolのインストール
 送信元となるPCにMagic Packet送信用ソフトウェアをダウンロードしてインストールします。
 今回インストールするのはフリソフトのWakeUpOnLanToolです。
 インストールは圧縮ファイルを適当なフォルダに展開するだけです。
 展開したらwol.exeを実行するとプログラムが起動します
  WakeOnLanToolのサイトはこちら

■WakeOnLanToolの使用
(1)WakeOnLanToolを起動したら画面の右クリックでメニュを開き
 [編集][新規追加]で設定画面を開いてターゲットとなるPCの情報を入力します。
 OKで登録完了です。
 
(2)Magic Packetの転送
 登録されたPCを選択し[右クリック][起動]でターゲットPCが起動します。
 今回はS4(休止)からの電源オンを確認できました。
 
■結果
 LAN経由でメディアサーバの休止状態からの電源ONに成功しました。
 これでメディアサーバの場所にいかなくても電源オンとリモートディスクトップによるTV録画予約が可能です。
 アイドル状態から自動的に休止へ移行することでメディアサーバの自動電源オフが実行されます。
 結果的に電源ON/OFFを含めてメディアサーバの場所に行かなくてもTV録画予約、録画、再生が可能になりました。
 ..録画再生時の電源ONについては 「Link PlayerからのPC起動」を参照ください。

  blog      MovableType