■目的
 MPEG2の2倍以上の圧縮率のH.264 MPEG4 AVCをWindows Media Playerで再生します。
 使用するのはffdshowソフトウェアです。

■MPEG4 AVC/H.264
 ハイビジョン長時間録画実現で使用されるケースが多くあります。
  デジタル衛星TV:スカパーHD
  QuickTime7/iPod
  AVCHD/Blu-Ray Disk
  YouTubeなど

■ffdshow
 動画、音声圧縮伸張のためのDirectShowフィルタとVFW(Video for Windows)コーデックです。
 スプリッタやMediaPlayerを内蔵していないがVFWに対応したWindowsMediaPlayerでffdshowの使用が可能。
 サポートしているコーデックは以下。
項目 Video Audio
コーデック MPEG1 /2 /4 (XviD /Divx /RMP4 /3ivx)
Ms-MPEG4 /Dirac
H.263 /264
Motion Jpeg
DV /Huffyuv /WMV (VC1)など
AAC /AC3 /ADPCM /AMR /ATRC3
MP1/2/3
Vorbis /WMAなど
■ffdshowインストール
1)ダウンロード
  ダウンロードはこちらから
 
2)インストール
 画面の指示に従ってダウンロードしたファイルをインストールします。
 インストール時の設定例を以下に示しますが、後でも設定可能です。
 [コンポーネントの選択]
 
 [ビデオフォーマット]
 
 [オーディオフォーマット]
 
■MP4Splitterインストール
 MP4ファイルを扱うためのスプリッタです。
 ダウンロードしたら解答してMP4Splitter.axをsystem32ディレクトリにコピします。
  MP4Splitterのダウンロード先はこちら
 
■regsvr32 MP4Splitter.axの実行
 [ファイル名を指定して実行]でregsvr32 MP4Splitter.axを実行ます。
 

 以上でインストール完了してWMP11でMPEG4AVC/H.264が再生可能になります。

■結果
 MPEG4-AVC/H.264はQickTimeで再生可能ですが、ffdshowによりWindowsMediaPlayerでの再生が可能。
 ffdshowによりWMPでDivxなど多くのコーディックのファイルが再生可能になります。

  blog      MovableType