■目的
 Mpeg2-tsのgop単位でカット編集を実行します。
 使用するのはフリソフトのMurdocです。

■Murdoc Cutter
 GOP単位のカット編集により再エンコードによる変換時間と画質劣化を回避します。
  Murdocのサイトはこちら

■インストール
 ダウンロードファイルを解凍すればインストール完了です。
 MurdocCut.exeをダブルクリックで起動します。
 
■マニュアル
 インストール先のHelp.htmlを開きます。
 
■GOPファイル作成
 編集対象tsファイルをInputウインドウにドラッグ&ドロップします。
 inputしたファイルを選択して[GetGOP]でGOPファイルのリストが作成されます。
 
■TimeCodeの書換え
 編集後のタイムコードを書換えの場合は[Option][Clipping][RewriteTimeCode=on]とします。
 

■カット
 スライドバーあるいは[<-][->]でフレームを移動して[|<-][->|]で残す映像の範囲を指定して[->]でリストに登録します。
 ボタンを使って15秒あるいは30秒単位でフレームを移動できます。
 リストに登録したClipは削除や順位の入れ替えが可能です。
 [Output]で保存先を指定します。
 [Clipping]でカットした画像を出力開始します。
 
■ファイル情報表示
 [FileInfo]でファイルの情報を表示します。
 

■結果
 mpeg2-tsのカット編集を確認しました。
 エンコードを行わないので処理速度はファイルコピーと同等と思われます
  ..実測値:36MB/sec
 当然画質劣化もありません。

  blog      MovableType