■目的
 Core2Quad Q9450のCPU オーバクロックにおけるPCIとメモリクロック制御についてのメモです。

■Q9450
 自作PCのQ945に使用のIntel Core2Quad CPUです。
 倍率の設定はできないのでベースクロックを変更しオーバクロック設定を行います。
 ベースクロックに変更に伴うPCI/Meoryのオーバクロックを防止するためPCI/SPMの設定が可能です。
  Q9450 標準値 オーバクロック例
ベースクロック 333.3 MHZ 380 MHz
FSB 1333.3 MHz 1520 MHz
CPU 2.664 GHz 3.040 GHz
Memory 800 MHz 912 MHz (SPD= 2.4)
PCIe 100 MHz 110 MHz (PCIe= 110)
■BIOS変更(GigaByte GA-G33M-DS2R)
 MB Inteligent Tweakerの画面でベースクロックを変更します。
 電圧の設定はAutoで最適値に設定されます。
  項目 OC 設定例
Control CPU Host Clock Control [Enabled]
Base CPU Host Frequency (MHz) [380]
PCIe PCI Express Frequency (MHz) [110]
Memory System Memory Multiplier [2.4]
Memory Frequency 912 < -380 *2.4
Voltage System Voltage Control [Auto]
* Manual だと以下に続く項目を設定可能

■結果
 ベースクロック変更ではPCIe Clock FrequencyとSPDでPCIとMemoryのオーバクロックを抑えます。
 今回はCPU:+14%に対してPCIe:+10%、Memory:14%のオーバクロック率です。

  blog      MovableType