■目的
 Google Public DNSサービスのリリースに合わせて名前解決の応答速度を測定します。
 測定ツールはGoogleCodeで提供されるnamebenchです。

■namebench
 使用中のネットワーク環境でwebアクセスの履歴などをベースに最速のDNSサーバーを探してくれます。
 サポートOSはWindows/Mac/Unixです。
 
  namebenchのサイトはこちら

■実行
 ダウンロードしたファイルをそのまま実行するとnamebenchのメイン画面が表示されます。
 Nameserversのフィールドには現在使用中のサーバのIPアドレスが表示されます。
 通常はそのままStart Benchmarkをクリックでスタートします。

■テスト結果
 テストを終了すると結果がhtmlで表示されます。
 [推奨DNSサーバ]
 
 [DNSサーバ応答時間]
 
 [グラフ]
 サーバごとの平均と最小応答時間がグラフで表示されます
 
 [応答時間と頻度]
 サーバごとの応答時間と頻度をグラフで表示します。
 
■結果
 使用中のDNS(プロバイダ提供:ルータより自動取得)より3倍以上速いDNSサーバが多数存在することがわかります。
 Google Public DNSは使用中のDNSより20%近く応答時間が短いです。
 当分、推奨のDNSを使用してみます。

  blog      MovableType