■目的
 PDF reDirectに替えてフォント埋込可能なPrimoPDFを試します。
 仮想プリンタとしてインストールされます。

■PrimoPDF
 ActivePDF softwareが開発しNitoro PDF Incが販売のフリーソフトです。
 インストールするとPrimoPDF仮想プリンタが追加されます。
項目 PrimoPDF PDF reDirect
PDF変換
画質指定
File マージ ×
パスワード
フォント埋込 ×
暗号化 × ○ 40bit
  PrimoPDFのサイトはこちら

■PDF変換
 PrimoPDF仮想プリンタで印刷することでPDF変換が実行されます。
 設定画面が開くのでファイル保存先などを設定します。
 
■PDFファイル容量
 変換後のファイル容量のサンプルです。
画質 Primo PDF PDF reDirect
デフォルト 117kB 124kB
印刷 157kB 314kB
■結果
 漢字を含む海外向けPDF作成に、フォント埋め込み可能なPrimoPDFを使用中です。
 特に違和感なしで使用できます。
 ファイル保存先は毎回指定します。
 デフォルトの画像品質は圧縮しすぎに見えます。
 容量は大きくなりますが「印刷」品質選択が自然のようです。
 PrimoPDFがPDF reDirectより容量少なくて済むようです。
 使い勝手はユーザインターフェースがシンプルな分PrimoPDFが良いようです。
 当分の間PrimoPDFを使用します。

  blog      MovableType