■目的
 Q945/SSD版自作PCのWin7起動時間を測定します。
 使用するのはWin起動プロセス最適化ソフトのSolutoです。

■Q945自作PC
 Core2Quad Q9450 CPU/SSD搭載自作PCです。
 もともと起動時間は遅くはないのですがSSD版にUpgradeを機にWin7起動時間をチェックしてみます。
 Q945の主な仕様は以下です
区分 名称 備考
OS Win7 Pro  
CPU Core2 Quad Q9450 2.6GHz 3.0GHz OC
ChipSet G33 +ICH9R  
Memory PC6400 DDR2 -800 2GBx2  
Graphic Radion HD4670 512MB /PCIe x16  
HDD /SSD OCZ Vertex 30G x2 Raid0  
■Soluto
 インストールしPCを起動するとWin起動プロセス毎の所要時間をリストアップしてくれます。
 表示されたプロセスは以下の3つに分類されます。
  No-brainer(不要)/PotentialyRemovable(削除可能かも)/Required(必要)
 
  Solutoのサイトはこちら


■プロセス変更
 プロセスはPause(停止)/Delay(後から起動)への指定変更が可能です。
 これにより起動時間を短縮できます。

■起動時間測定
 SolutoはWin起動後時間測定をスタートします。
 * BIOSなどの起動時間は含まれません。
 Win7起動時間:28秒
■BIOS起動時間など
 別途手動での測定結果は以下です。
 BIOS起動:5.5秒
 Device Configuration:19.2秒
■結果
 Win7の起動時間は62 APPのブート合計で28秒でした。
 Solutoによれば23 APPで合計4.9秒ほど短縮の可能性があります。
 Solutoの時間にはBIOSの起動時間などは含まれません。
 時間短縮に最も有効なのは不要なアプリのインストールを避けることです。
  blog      MovableType