■目的
 Fedora15のデスクトップ画面のカスタマイズを実行します。
 使用するのはGnome Tweak Toolです。

■Gnome Tweak Tool
 Gnome3のカスタマイズツールです。
 ・gnome-shellテーマのインストールと切り替え
 ・gtk/アイコン/カーソルテーマの切り替え
 ・Window管理テーマの切り替え
 ・変更: 
  ユーザーインターフェースとタイトルバーフォント
  メニューのアイコンとボタン
  開閉時の動作指定
  シェルのフォントサイズ
  ファイルマネージャのデスクトップアイコン
  タイトルバーのクリック動作
  シェルの時計
  フォントのヒンティングとアンチエィリアス
  Gnome Tweak Toolのページはこちら


■インストールと起動
 Fedora15では以下のコマンドでインストールします。
 # yum install gnome-tweak-tool
 ツールの起動は[アクティビティ][アプリケーション][アクセサリ][高度な設定のカスタマイズ]です。

■メニュー画面
 6個のメニューを持ちます。
■使用例
(1)File Managerをデスクトップに追加
 [File Manager][Have file manager handle the desktop=on]でアイコンの追加が可能になります。
 

(2)ランチャの作成
 例えばThunderbird5をインストールした場合は起動用のショートカットアイコンを作成します。
 * インストール先:/user/lib/thunderbird/thunderbird
 [右クリック][ランチャーの生成]で作成画面を開いてThunderbirdのアイコンを追加します。
 [コマンド=/user/lib/thunderbird/thunderbird]に設定します。
 Desktop画面にアイコンが追加されます。
■結果
 Gnome Tweak ToolによりGnome3のカスタマイズが可能になります。
 以下はFile Managerをデスクトップに追加後のイメージです。
 

  blog      MovableType