■目的
 WHS2011でBrother DCP-J925Nをリモートスキャナーとして動かします。
 使用するのはMicrosoftのWSD(Web Service on Device)対応ドライバーです。

■スキャナーの接続環境
 BrotherDCP-J925N複合機を無線LANで接続しています。
 以下の環境では、現時点Brotherからはスキャナードライバーが提供されていません。
項目 内容 備考
OS Windows Home Server 2011
Windows Server 2008 RC2 相当
複合機
Brother DCP -J925N
リモートプリンター/スキャナーサポート
PC接続 有線/無線 LAN
■WSD..Web Service on Device
 異なるプラットフォーム上のソフトウェア間相互運用の手段を提供するWebサービスのデバイス接続版と解釈できます。
 MicrosoftがWindows Vista以降サポートします。
 ネットワーク上にBrother DCP-J925Nが見えているのでWSDでの接続をトライしてみます。

■WSDスキャンデバイスの追加
(1)DCP-J925Nの電源をオンします。
(2)[デバイスとプリンター][デバイスの追加]で[Brother DCO-J925N Webサービス]がデバイスとして検出されます。
 wsd device
(3)[次へ]でエラーメーッセージが表示されたら[PnP X-IP列挙サービス]を有効にしたあと再度デバイス追加を実行します。
 ドライバーはWHSにより自動的にインストールされます。
 PnP-X IP Bus Enumerator
(4)以上でWSDでDCP-J925Nがデバイスとして追加され動作が可能になります。
 またデバイスマネージャにWSDスキャンデバイスが追加されたのを確認できます。
 必要なら[右クリック][スキャンプロファイル]でプロフィルを追加します。
 DCP-J925N Scanner
 WSD Scan Device
■イメージの取り込み
(1)[デバイスとプリンターで]WSDスキャナを選択し[右クリック][スキャンの開始] で[新しいスキャン]画面が表示されます。
(2)必要事項を設定して[スキャン]でイメージの取り込みを開始します。
 WSD Scanner Driver Screen
(3)[画像とビデオの読み込み]画面が表示されるので[読み込み]でイメージがPCに転送されます。
 保存先は[My Picture]に新規作成された日付フォルダー内です。
 my picture
■DCP-J925Nマニュアル
 Web Services on Deviceでの接続の詳細は以下を参照できます。
 buttom「ユーザーズガイド・ネットワーク知識 編」第4章

■結果
 WHS2011ではDCP-J925Nが[デバイスの追加]でWSDスキャナデバイスとして姿を現します。
 結果としてWHS2011でDCP-J925Nのリモートスキャナの使用が可能になりました。
 操作性や転送速度も問題ありませんが保存先はMyPictureになります。
 上記設定はマニュアルと手順/内容が一部相違しますが結果的には同じ設定と思われます。

  blog      MovableType