■目的
 昨年はSobigに汚染された大量のメールに閉口しましたが、今年も相変わらず汚染メールの件数は減りそうにありません。 NortonAntiVirusが 検出したVirusメール件数をチェックしてみます。

■最新のVirus情報
 symantec社のサイトによれば現時点で危険度の高いVirusとしては以下のものがリストアップされています。



■VirusScanソフト
 現在使用中のVirus対策ソフトは「NortonAntiVirus2003」です。本ソフトのレポートページを開いて検出したした汚染メールを集計 しま す。
 NortonAntiVirus2003 の ペー ジはこちら


OS:Windows2000
PC:自作PC
・Raid構成(FastTrak66)
・マルチブート
自 作改1の仕様はこちら
■集計結果
 汚染メール件数の集計結果です。
2004/1月から5月31日までの5ヶ月間で合計217件の汚染メールを受信しています。


■結果
  Virusに汚染されたメールの数は増加傾向が続いており、最大は43件/週(5月最終週)で、Virus対策ソフトなしでは安心できない状況が続い ています。また種別ではNetskytが断突の117件/です。
 最近のVirusは汚染したPC内にあるドキュメント(ホームページやメールなど)に含まれるメールアドレスに汚染メールを送信します。しかも送信元を 同じくPC内にあるドキュメント(ホームページやメール)に含まれるメールアドレスなどに詐称します。したがって発信元に連絡しても無意味なばかりか連絡 のメールがさらにネットワークや受信した人に混乱をもたらします。以下は送信元を詐称していると思われる例です。
Received: from ad.wakwak.com (gk6.leo-net.jp [138.243.201.4]) by  ... (省略)
From: cosmos@mx.biwa.ne.jp
*送信元のドメイン名がメールのRecivedとFromヘッダーで相違しています

  blog      MovableType