■目的
 Corel VideoStudio ProがX4からX5にVerUpされました。
 Canonビデオカメラ出力ファイルのAVCHDカット編集を目的に試用してみます。

■背景
 Canonのデジタルビデオカメラの映像は以下のAVCHDフォーマットです。
 ・映像:H.264/MPEG4-AVC
 ・音声:ドルビーデジタルAC-3
 ・コンテナ:TS
 カメラ付属のVideoBrowserはWin7/64bit環境でフリーズして使用出来ません。
 代替で2012/4月リリースのVideoStudioProX5を確認してみます。
 buttomCanon HF M41のページはこちら

■VideoStudioProX5
videostudioVideoStudio は国内シェアNo1ビデオ編集ソフトです。
今回はAVCHDとtsのカット編集に使用します。
おもな対応ビデオファイル形式は以下です。
buttomCorelVideoStudioProX5 のページはこちら

項目 仕様 備考
入力ビデオ
AVI, MPEG-1, MPEG-2, DV, HDV, AVCHD,
M2T, MPEG-4, M4V, H.264, DivX, Quick Time,
WMV, MOD, M2TS, TOD, BDMV, 3GPP, 3GPP2
tsファイルは対象に入っていません
 ->別ソフトでM2TSに変換が必要と思われます
出力ビデオ DV, AVI, HDV, AVCHD, MPEG-2, MPEG-4, H.264,
BDMV, Quick Time, Real Video, WMV, 3GPP,
3GPP2, WebM, HTML5

入力オーディオ
Dolby Digital2 /5.1ch, MP3, WPA, WAV,
Quick Time, WMA

出力オーディオ Dolby Digital2 /5.1ch, WPA, WAV, Quick Time,
WMA, OggForbis


■サンプル映像とテスト環境
 [サンプル映像]
項目 AVCHD 備考
Codec
H.264

属性
1920 x1080 24bit 29.97fps 16:9 max16 Mbps

Audio
Dolby Digital 48KHz 256kbps

 [テスト環境]
項目 環境条件 備考
OS
Win7 64bit
-
CPU /Mother
i7 -2600K 3.4GHz /ASUS P8Z68-M Pro
Memory PC-12800 /8GB
VGA
Intel HD3000
On Board
■環境設定
 [設定][環境設定]設定画面を開き[パフォーマンス]タグで高速化のための設定を行います。
 網掛け部が今回の設定部分です。
 performance
■カット編集
 タイムライン上でカットポイントにおいて[編集][クリップの分割]で分割します。
 カットするクリップを選択し[編集][削除]でカットします。

■出力
 [完了][ビデオファイルを作成][MPEGオプチマイザー]でMPEGオプチマイザー画面を開きます。
 [最適なプロジェクト設定プロファイル=on]で再エンコードが必要な部分をチェックします。
 問題なければ保存先を設定して保存します。
 以下は再エンコードが行われない例です。
 optimizer
■性能
 AVCHDのサンプル映像でのカット編集時間です。
 performance
■結果
 VideoStudioProX5はAVCHDの入出力をサポートしますがなぜか時々フリーズします..Windows7/64bit
 VideoStudioProX5のカット編集ではスマートレンダリングが可能で処理時間は最速(録画時間の27%)でした。
 VideoStudioProX5ではMPEGオプティマイザーにより再エンコードの必要な箇所を確認できます。
 VideoStudioProX5はtsファイルの入力をサポートしません。

  blog      MovableType