■目的
 Fedora16のスクリーンショットをWin7のPhotoshopで編集のためSambaを動かします。
 Samba3になって従来と同じように設定しようとすると様子が違います。

■Samba
 Windowsネットワーク共有実装のためのフリーソフトウェアです。
 Fedora16インストール後のデフォルト状態のままでは動作しません。
 buttomSamba のサイトはこちら

■Firewall設定など
 (1)Firewall:Sambaポートのオープン
  sambサーバー/クライアントのポートを許可します。
  firewall
 (2)SeLinux:Samba関連セキュリティの詳細設定
  今回はプライベートネットワーク内での利用につき/etc/seinux/configを編集し無効にます。
  * SELinuxを有効にしてSambaを実装する場合の設定は別途確認予定。
  SELINUX=enforcing   ->disabled
■/etc/samba/smb.conf
 samba3で新規採用事項を中心に変更します。
  samba protocol: samba1 -> samba2
  passwd backend: smbpasswd -> tdbsam
  encrypt passwd: no -> yes
  usershare: smb.conf -> share
 以下はサンプルです..暫定
 [global]
 # ----------------------- Network-Related Options -------------------------
    workgroup = workgroup
    server string = Samba
    hosts allow = 127. 192.168.1.
    max protocol = SMB2
 # --------------------------- Logging Options -----------------------------
    log file = /var/log/samba/log.%m
    max log size = 50
 # ----------------------- Standalone Server Options ------------------------
    security = user
    passdb backend = tdbsam
 # ----------------------- Domain Members Options ------------------------
 # ----------------------- Domain Controller Options ------------------------
 # ----------------------- Browser Control Options ----------------------------
 #----------------------------- Name Resolution -------------------------------
 # --------------------------- Printing Options -----------------------------
    cups options = raw
 # --------------------------- File System Options ---------------------------
    encrypt passwords = yes
 # ----------------------- addtional parameter -------------------------
    usershare path = /etc/samba/share
 #--------------------- Share Definitions ---------------------------------------
 [homes]
    comment = Home Directories
    browseable = no
    writable = yes
 [printers]
    comment = All Printers
    path = /var/spool/samba
    browseable = no
■ユーザの登録
 デフォルトでシステムのユーザーとはリンクしないのでSamba固有のユーザー登録が必要です。
 # pdbedit -a user01
■smb/nmb:サービスの起動
  デフォルト状態では停止/自動起動offです。
  Fedora16ではsystemctlコマンドでsmb/nmbを自動起動します。
   smb:ファイル共有
   nmb:名前解決
  # systemctl enable smb.service                                                    自動起動:on
  # systemctl enable nmb.service                                                    自動起動:on
■共有ディレクトリ設定
 今回のケースではusershareを有効にしているので共有ディレクトリの指定はnetコマンドで行います。
 [サンプル]
 # net usershare add "共有" /home/share
■共有の確認
 以下はWindows側PCからFedoraで設定した共有へアクセスのサンプルです。
 サーバーへの接続にはID/パスワードを要求されます。
 share
■問題点
 SambaクライアントによるWindow側サーパー(OS:WHS2011)へのアクセスでマウントエラーを表示します。
 現象:WORKGROUPアイコンのダブルクリックの後"サーバーから共有リストを取得できませんでした"の表示がでる。
    サーバーから共有リストを取得できませんでした
 原因:SMB2モードでブラウジング機能が働かないと推定
 暫定対策:[ファイル][サーバーへ接続]で接続する
 根本対策:未定
    connection menu
■結果
 Fedora16でsambaでのファイル共有を可能にしました。
 Fedora16側ソースのSamba経由編集が可能になりWin側でのLinux関連記事作成が効率アップです。
 セキュリティ上、ルータのsambaポート未開放につき外部接続は不許可です。
 セキュリティ上、サーバーへのアクセスはプライベートネットワーク内に制限しています。

  blog      MovableType