■目的
 Fedora16で無線LANを設定します。
 暗号化キーを指定するだけであっけなく完了しました。

■ハードウェア
 Thinkpad x220のノートPCにFedora16をインストールして無線LANを設定します。
項目 Model
仕様
PC
Think Pad X220仕様
thinkpad x220
Core i5-2540 2.6 /3.3GHz 3MB L3, 1333 MHz
Intel QM67 Express
Centrino Advanced-N + WiMax6250
 (IEEE802 .11a/b/g)
無線LAN親機
AirStaion WZR HP-G301NH
IEEE802 .11n/b/g
 X220のサイトはこちら
 X220の仕様はこちら

■設定
(1)設定画面
 右上の[ネットワーク]アイコンをクリックして[無線接続=on]にして親機IDクリックで暗号化キーの設定画面を表示します。
 wireless
(2)暗号化キー
 親機の暗号化キーを設定します。
 [接続]でDHCPサーバーから付与されたIPで通信が可能になります。
 wireless installation
■固定IP設定
 必要なら設定(1)に戻って[ネットワークの設定][無線選択][設定][IPv4のセッティング]タグで固定IPを設定します。
 IPv4
■結果
 無事にFedora16での無線LAN接続を完了しました。
 Thinkpadx220+WZR-HP-G301NHの組み合わせでは暗号化キー設定だけで通信が可能です。
 固定IPを使用ならIPv4のセッティング画面でIPアドレス、ネットマスク、ゲートウェイ、DNSなどを設定します。
 結果的に無線LAN経由Brother DCP-J925Nプリンターでの印刷も可能になりました。

  blog      MovableType