■目的
 PCに保存の録画ファイルのカット編集には比較的長時間を要します。
 冬なのでHDMI接続液晶TV+Wireless Mouse/Keyboard構成でコタツに入ってこれを可能します。
 この構成ならTV上でWEBアクセスや文書作成もできます。
 * マウスはすでにWireless化済です。
 * iPhone+WakeOnLanでPC電源ONはすでにWireless化済です。
hdmi
 「REGZAのHDMI接続」はこちら
 「iPhone+WakeOnLan」はこちら

■キーボード
 今回使用するのは高コストパフォーマンスのLOGICOOL K270です。
 K270は電池寿命24カ月のUnifying対応フルサイズWirelessキーボードです。
 価格は¥1,345..AMAZON。
k270

項目 仕様 備考
OS
Windows XP /Vista /7/8 /RT
レイアウト 108 キー日本語
キー 構造: メンブレン
キーピッチ: 19mm
キーストローク: 3.2mm
押下圧: 60g

無線 アドバンス 2.4GHz
操作距離: 10m
接続: USB
Unifying 対応
機能 ショートカットキー
AES 暗号化

電池 単4型 乾電池 x2  
サイズ 450 x155 x18 mm  
 K270のページはこちら

■Unifying
 付属のUnifyingレシーバはキーボードやマウスを含めて最大6個のデバイスを1つのレシーバに接続可能です。
 追加デバイスの接続にはUnifyingソフトウェアをインストールしてペアリングが必要です。
 ペアリングはUnifyingソフトウェア起動+デバイスの電源スイッチOFF/ONで自動実行されます。
 unifying
■結果
 Wirelessキーボード/マウスを増設することでコタツ内PC操作が可能になりました。
 今回はiPhone+WakeOnLanでPCの電源ONもWirelessで可能にしてあります。
 低価格品とはいえキーボードの操作感では特に不都合は感じません。

  blog      MovableType