■目的
 intel 7シリーズチップセットからRapid Start Technologyがサポートされました。
 H77自作録画サーバで効果を確認します。

■Intel Rapid Start Technology(RST)
 スリープ時Memoryに保持されているデータをSSDに保存してメモリーへの給電を停止して消費電力の低減を図ります。
 有効化するには以下の条件を満た必要があります。
 ・UEFIでRapid Start Technologyが[Enabled]である
 ・SSD上に保存専用パーティションを設定済み
 ・Rapid Start Technologyドライバーがインストールされている
 Intel Rapid Start Tehnologyのページはこち ら

■ASRock Rapid Start
 RSTのためのパーティション作成/削除をサポートのユーティリティです。
 ASRock
■Intel Rapid Start Technology Manager
 RSTドライバーと設定ユーティリティです。
 設定はON/OFFのほかにSSD移行までの時間などを設定できます。
 manager
■復帰時間と消費電力
 H77自作サーバーでRSTがON/OFFの時の復帰時間と消費電力を比べます。
 startup time
 watt
 [H77自作サーバ仕様]
h77
 OS:Windows8 Professional DSP版
 CPU: i3-2100 3.1GHz LGA1155 Sandybridge
 Mother: ASRock H77M-ITX Z77Express Chipset
 Memory: PC3-12800 8GB
 Graphic: HD2000(CPU内蔵)
 SSD/HDD: intel S510 /SATA3 /120GB +HDT7210SLA360 SATA2 /1TB
 Case:SilverStone SG-05 Lite
■結果
 Intel Rapid Start Technologyは消費電力低減が目的ながら効果は測定誤差の範囲内です。
 起動時間はRST=OFFの2.5秒に対して13.5秒となり、休止16.5秒より短い値となりました。
 結果として8GBのSSDを割り当てるほどのメリットがないのでアンインストール予定です。

  blog      MovableType