■目的
 大容量(1GB以上)USBメモリの代用としてiPodを使用します。

■USBメモリの価格
USBメモリは512MB以上になると高価です。
代わりにUSBメモリ機能を持つ携帯音楽プレイヤを使う代案が有力になります。
右はUSBメモリとiPodの標準価格を比較したも のです。
1GBを超えるとiPodが安価であることがわかります。
usb prices
■iPod
 今回はUSBメモリと兼用でAppleのiPodを選択しました。
 iPodの最新モデルは以下の3機種から構成され何れもUSBメモリ機能を備えます。
 iPod の詳細はこちら
■PC接続
iPodをUSBメモリーとして使用する場合はiPod標準のUSBケーブルでPCに接続します。
USB1.0あるいは2.0がサポートされているPCならUSBメモリ同様、ドライバのインストールなしでPCへの接続が可能です。
connect
■ドライブ
iPodの中身をドライブとして見ると音楽プレヤや予定表などのディレクトリがいくつか見えます。USB メモ リとして使用するときは、これらと区別するために新規ディレクトリを作成し使用するのがより安全です。
以下は「usbメモリ」を新規作成した例です。
■iPod_controlは隠しファイルです。
■CalendersとContactは読み取り専用です。
■「usbメモリ」は新規作成ディレクトリです。
connect
■結果
 大容量のUSBメモリより安価な携帯音楽プレイヤを検討する価値があります。
 iPodを代替としましたが、市場ではさらに低価格の製品の選択が可能かと思います。


  blog      MovableType