■目的
 Win8では性能低下要因となる不要なスタートアップアプリを無効にできます。
 WindowsXPからの懸案事項が1個解決です。

■Task Manager
 Windows8.1のTaskManagerが使いやすく機能アップしました。
 従来通り負荷の大きなプロセスやアプリの可視化が可能です。
taskmanager
■Startup
 Win8からはスタートアップアプリをリストアップしてくれるようになりました。
 従来から大部分のアプリは性能低下を招くだけだったので無効にすることで起動直後の負荷が大幅に低減されます。
startup
 マイナビニュース「Windows 8 - 新タスクマネージャーを使いこなす」 2012/08/10の記事はこち ら

■結果
 今回13のスタートアップアプリのうち必須の1つを残して12個を無効にしました。
 結果としてWindows Desktop起動直後のビジー状態がなくなりました。
 XPの時代からの懸案事項が解決して使い勝手の大幅向上です。

  blog      MovableType