■目的
 プリンター印刷用ラベルシールの選択手順です。
 手順を間違うと数千種の中からの商品選択は至難の業です。

■用紙メーカー
 ラベルマイティの情報から、ラベル用紙メーカの数は90社を超えます。
 以下は個人的に選択した用紙メーカーです。
 エーワン/エレコム/コクヨ/サンワサプライ/ヒサゴ/マクセル など

■印刷ソフト
 用紙メーカーから印刷ソフトが提供されています。
 多くの印刷ソフトを使うのは現実的でないので使いやすいソフトを1つ選択します。
用紙メーカー 印刷ソフト 備考
エレコム エレコムらくちんプリント
エーワン ラベル屋さん
ヒサゴ ヒサゴ工房
コクヨ 合わせ名人
サンワサプライ Print Creation for Sanwa Supply Arcsoft
マクセル Label Producer Media NAVI
■用紙選択
 印刷ソフトを使用して用紙詳細をもとに商品型番を絞り込みます。
 以下は個人的に常用のマクセルのLabel Producerの用紙選択の例です。
 用紙イメージ/詳細情報が表示されるので、目的に合ういくつかの型番を選択します。
 [用紙詳細]
 用途    :宛名/表示ラベル/AV/CD/名刺/OA/名前/写真/カード など
 用紙    :インクジェット/LBP など
 台紙    :A4/葉書 など
 面数    :5x13(65面) など
 サイズ    :38.1x21.2mm など
Label Producer
■検索
 型番だと対象が限定されるので最初は以下のサンプルのように検索してみます。
 印刷ソフトで選択した型番を確認しシート数に問題がなければ発注します。
amazon

■代替商品
 納期や価格の都合で別メーカの商品で代替えする場合はシールのレイアウトと位置/サイズが同じことを確認します。
 仮に相違があっても印刷ソフト側の用紙の編集/ユーザ定義機能で対応します。

■結果
 いきなりのWeb検索だと、いつまでたっても用紙選択にたどり着けません。
 用紙メーカー/印刷ソフトを先に決定し印刷ソフトの用紙選択機能で用紙詳細を絞り込み後、検索が最も近道のようです。
 今回使用した印刷ソフトはマクセルのLabel Producerで用紙は納期の関係からレイアウトが同じエーワンになりました。

  blog      MovableType