■目的
 Linux/CentOSの問題対応3件です。
 いずれも解消につきメモしておきます。

■環境
 OS:CentOS6.5/7

■問題
(1)proxy
 現象    ChromeにてProxy=offにして使用中ながらupdateでproxy経由となる
 原因    PolicyでProxy=offに変更したがsystem及びChromeの設定がonのまま
 対策    system及びChromeのproxy=offで解消
 教訓    Linuxだとproxyの設定はsystemとAPP毎の指定が存在します。
          Chromeだとさらにpolicyでの設定が可能で変更の場合は各々について変更が必要です。
          ちなみにWindowsだとproxy設定はインターネットオプション1箇所で済みます。

(2)firefox
 現象    mozillaサイト経由のupdate後flash playerがuninstall状態となる
 原因    Directory構成が異なるためlibflashplayer.soのインストール先が不整合となる
 対応    mozillaサイトでなくrepo経由でupdateする
          今回はepel repo経由のyum update firefoxで解消。
 教訓    mozillaやadobeのように開発元からダウンロード可能でもその利用は控えるのが無難です。
      yumなら依存関係も解決してくれます。

(3)CentOS7
 現象    CentOS7で日本語切替を"Win+Space"から"半角/全角"に変更しても有効にならない
 原因    CentoOSの仕様変更と推定
 対策    画面右上パネルの日本語変換表示アイコンを"ja"から"あ"に変更で解消
 教訓    変更理由が不明ながら以前のOSと同じとは限りません。

■結果
 いずれの問題も解消しました。
 CentOSの問題ですが、まだWindows同等とは行きません。
 使いやすさの観点ではUbuntuが推奨です。

  blog      MovableType