■目的
 Windows 10が7/29からリリースされました。
 Win10 Media Creation Tool経由で無償アップグレードを実行します。

■環境
 対象PCはi7-2600Kとz77Express、8GB/PC12800メモリのSandyBridge世代自作デスクトップです。
z726 CPU: Intel Core i7-2600K 4.43GHz /OC@3.4/3.8GHz
Mother :ASRock z77 Extreme6
Memory :PC3-1280 (DDR3-1600)
SSD(C:) :Toshiba THNSNJ256GCS /256GB /SATA3.0 /6Gbps
HDD(D:) :2xHDD (SATA2.0 /RAID0)
ハードウェア詳細は 「i726z自作PC仕様まとめ」を参照
■無償Upgrade
 Get Windows 10アイコンから無償Upgradeの予約中でインストール準備待ち状態です。
 一方、インストールメディア作成のためのWindows 10 Media Creation ToolにはUpgradeメニューが存在します。
 ここから使用中のPCを今すぐアップグレードします。
 Windows 10 Media Creation Toolの ページはこちら
 Microsoft 「Windows 10 FAQ」はこちら
 記事 GIZMOD 「Windows7からWindows 10に移行した。思ったほど怖くなかった」はこちら

■手順
(1)すでに準備済でクリーンなAPPを含むWin8.1ドライブイメージをリストアします。
 もし必要ならWin 8.1 Updateを実行します。
(2)Media Creation Toolをダウンロードします。
 Windows 10 Media Creation Toolのダウンロードはこちら
(3)Media Creation Toolを起動して最初のメニューで[このPCを今すぐアップグレードする=on]を選択します。
menu

(4)画面の指示に従ってダウンロード/アップグレードを実行します。
upgrade

(5)今回はWi-Fi経由ですが条件が良ければ約30分程度でアップグレードが完了します。
win10

■Driver/アプリ
 Win8.1のDriver/アプリが引き継がれます。
 アップグレードしてもデスクトップ画面もアプリもWin8.1と同じです。
 また気になるpt3 TVチューナーも視聴/録画/録画予約ともOKです。
device

■スタートメニュー
  標準スタートメニューの左半分はWin7の相当のスタートメニューで右半分はタイルメニューです。
 [すべてのアプリ]を選択するとアルファベット順にWin7同様のフォルダーやショートカットアイコンが表示されます。
 当面Classic Shellを使いますがカスタマイズしてWin7相当なら標準に移行予定です。
 Classic Shellと標準のスタートメニューの切り替えには[Windows]キーを使用します。
screen

■結果
 Windows 10 Media Creation Toolで今すぐWindows 10への無償アップグレードが可能でした。
 アップグレードはWin8から8.1のケースと同様にドライバーなど問題はまったく見られません。
 見た目はWin8.1よりモダンな感じで起動時間や体感速度に変わりはないようです。
 *ネットバンキングにアクセスのPCは銀行の検証完了までアップグレードを待ちます。

  blog      MovableType