■目的
 CloudReady版chromebookがフリーでリリースされました。
 古いPCにインストールして再利用を図ります。

■CloudReady
 ChromebookはGoogleのChrome OSを搭載し、CPUやメモリなどの少ないリソースで快適に利用でます。
 ChromeOSのベースはChromiumOSですが古いPCのドライバーや、アップデート、Flash Playerが未サポートです。
 CloudReady版はこれらの問題を解決して古いPCでも利用できる無償で提供のChromebook OSです。

Chromium OS
Cloud Ready
Chrome book
互換性
利用できるPCは1/3程度
2007年以前のPCにも対応
専用ハードウェア
システムアップデート
×


adobe Flash Player
×


H.264 /mp3 /mp4
×
×

CD/DVD Drive
×
×

 Lifehacker 「古いノートPCをChromebookとして復活させてくれるアプリCloudReady」はこちら

■準備
(1)ブート用USBメモリ>8GBまたは16GB
(2) CloudReadyのダウンロード
  CloudReadyのダウンロードはこちら
(3)Chromebookリカバリユーティリティのインストール
  ブートUSB作成に使う「Chromebookリカバリユーティリティ」をCrome WebストアからPCにインストールします。
recovery utility
  「Chromebookリカバリユーティリティ」のインストー ル ページはこちら

■ブートUSBの作成
 Chrome ウェブストアの「Chromebook リカバリ ユーティリティ」ページで[アプリを起動]で起動します。
 [歯車アイコン][ローカルイメージを使用=..\chromiumos_image.bin]
 [使用するメディアを選択ください=USBボリューム名選択][今すぐ作成]でブートUSBが作成されます。
 *注意:USBメモリのデータはすべて削除されるので注意ください。

■CloudReadyのインストール
 ブートUSBからPCを起動するとCloudReadyのLive版が立ち上がります。
 画面の指示に従って設定/ログインを行います。   
 システムトレイの"install cloudready"でHDDにインストールします。
 *HDDへのインストールではHDDないのデータは削除される点に注意ください。
install001
install002
install003
install004
 CloudReadyの検証結果リストはこちら

■コマンドライン
 CloudReadyではChromebook同様、shellコマンド環境をサポートします。
 起動:[Ctl+Alt+F2]
 id/password:chronos/chrome
 root loginコマンド:sudo su
 password変更コマンド:passwd chronos
■結果
 CloudReady版Chromebookのインストールと動作を確認しました。
 特にシステムアップデートやFlash Playerがサポートされ普通に利用できます。

  blog      MovableType