■目的
 使用中のMac Book Pro/SierraはUSキーボードです。
 標準の[ctl+space]での日本語切替えが使いづらいので⌘キーに変更します。
   
■MAC
macbook
項目 内容 備考
Model Macbook pro 13" Retina 2015 US keyboard
OS macOS Sierra (OSX EI Capitan) Upgrade済
 Macbook Pro Retina のページはこちら

■⌘英かなアプリ
 切り替えに使用するのは「⌘英かな」アプリですがインストール時に個別承認が必要です。
(1)「⌘英かな」をダウンロード/解凍しApplicationフォルダーにコピーします。
(2)「⌘英かな」アイコンの右クリックから[開く][システム環境設定を開く]で[セキュリティとプライバシー/アクセシビリティ]画面を開きま す。
(3)[ロックを解除][下のアプリケーションにコンピュータの制御を許可/⌘英かな=on]
(4)[ロックON]でインストール終了です。
 この状態では左右の⌘(Command)キーで、それぞれ英数/仮名に切り替えてくれます。
 「⌘ 英かなアプリ」のページはこちら
 「⌘ 英かなは macOS Sierra の USキーボードユーザの救世主!」はこちら

■Command-R
  設定により右⌘(Command-R)だけで英数/仮名切り替えが可能です。
 
[⌘英かな/Preference/Key Remap]で[Input=Command-R][Output=⌘Space] とします。
[システム環境設定][キーボード][ショートカット][入力ソース][前の入力ソースを選択=⌘スペース]にします。
  再起動して右⌘キーだけで切り替えが可能になります。
  同じくショートカットの[spotlight検索を表示=⌘スペース]はOFFにします。
 「macOS 10.12 Sierraで⌘(Command)ボタンひとつで英かなをトグルさせる」はこちら
 
command-r
command-r+space
■結果
 USキーボードの日本語切り替えが[⌘]キーで可能になりました。
 使用したのは[⌘英かなapp]で、個人的にはUSキーボードの日本語入力では必須です。

  blog      MovableType