■目的
 SKI NaebaRacing2013/02/02-03 練習ビデオをアップしました。
 あわせて来シーズンROSSIGNOL/GS/WC/MASTER R21の試乗結果も簡単にまとめました。

■NaebaRaing
 日付:2013/02/02(土)-03(日)
 場所:苗場スキー場火打ゲレンデ..いつものバーン
 種目:GS/SL
 天候:晴れ/曇り
 カメラ:Video CANON iVIS HF M41
 苗場スキースクールRacingのブログはこちら

■Video
■Material
 3シーズン前の2010/11 ROSSIGNOL/RX/WC/WOMEN182はチューンアップの繰返しでエッジの残りがわずかです。
 買換えは必須につき2013/14シーズンROSSIGNOL/GS/WC/MASTER R21を試乗させてもらいました。
 形状はロッカーでサイズは長さ180cm/R21mでした..185cmも選択可能とのことです。
 最初の1本目でポールに入りましたが、それでもビデオを見ると無意識にポールに触っています。
 フレックス/エッジのグリップ/ターンのきっかけの容易さなど個人的にはぴったりです。
 ただ滑走面チューンアップなしながら計測タイムダウンが気がかりです..非Rockerの2012/13モデルがベストか?
 rossignol
 * Photoは2012/13シーズンROSSIGNOL/GS/WC/MASTER R18です。
 [2013/14 ROSSIGNOL MASTER21]
  計測タイム:14.06sec..滑走面チューンアップなし
 [2010/11 ROSSIGNOL WOMAN 182]
  計測タイム:13.19sec

■Apple
 帰りはいつもファミリーマートJA利根沼田月夜野店でリンゴを調達です。
 ここではなぜか同じRacingメンバーのT屋さんと顔を合わせます。
apple
 ファミリーマートJA利根沼田月夜野店のmapはこちら
 村主りんご園のサイトはこちら

■感想
 現時点での個人的な課題です。
 GS:溝とポールの間のラインを上から狙うのは昨シーズン途中からの課題です。
  新規で20年以上指摘継続中の「腕を前に」のテーマでWorldcup選手の腕を参考に「下/前リズム」を横/前に変革します。
  ->ビデオで見てもイメージしたほど変わりませんが改善(036コーチ談)なので継続です。
 SL:ターン開始遅れ解消のため目線主体で上体のフォールライン先行を継続中..効果大です。
  ->次回は目線+膝先行での速い切替操作+ポールに近いライン取りのための角付け/加重の改善予定です。
 「効率的で速く」をテーマに課題盛り沢山です。

  blog      MovableType